あるものは、遠慮なく使いましょうよ

>

国内といえども

私を知らせる

ここ最近、これまで予想もできなかった災害や事故が多く発生しております。
いつ、何どき、災害や事故に遭遇しないとも限りません。インターネットにつながってさえいれば、もしもの状況になった場合でも外部との接触に役立ちます。

また、記録としても役立つことになるとも思えます。

ただし、手元にある機器の使い方を知らないといけないのですがね。

しかし、国内旅行でインターネットの使い方の事例などの講座をオプションでつけることができれば、遊びながら覚えてしまうのかも知れないですね。

特にこれまでインターネットに関わる機会の少なかった高齢者の方達や、インターネットの触れる機会を与えられなかった、施設で暮らしている人との合同での旅行なんかも面白いかも知れないな、一人で妄想しております。

社会から弱者と称される人たちの声を発信していただくことを目的として。

友の知らせ

世界中に友達がいると、暮らしも楽しくなると思いませんか。

日本の国で暮らしていて、日本語しか話すことができなくても、世界中に知り合いや友人がいると、視野や思考が広がってくると、私は思うのです。
そして、世界中の知人や友人からの話もインターネットで翻訳もできるしね。

たとえ、国内旅行中とはいえ、世の中の動向は帰任流という人もいるでしょう。それは、ビジネスをしている人に限らないのが昨今ではないでしょうか。

そして、海外で暮らしている知人や友人も沢山いる人も多いのではないでしょうか。

手元で操作ができるスマートフォンを使用している人も多いかと思われますが、インターネットに接続していればこそ、使用できる機器なので、接続するための電波の弱い僻地に旅行だと、不便を感じてしまうかも知れないです。

そこで、僻地でも利用できる電波のWi-Fiを手元に置いておくと、便利であると思います。


この記事をシェアする